乳がんのすべてが分かるサイト » 現在用いられている乳癌の代替療法なび » 凍結療法

凍結療法

乳房の切除を行わずに、日帰りで手術が可能な凍結療法について、治療内容や特徴、効果などの情報をまとめて紹介します。

凍結療法とはどのような治療法なのか

凍結療法は、その名の通り腫瘍を凍らせて死滅させる治療法です。乳癌の治療は乳房の切除手術が基本ですが、体力的に厳しい場合や手術を希望しない患者さんなどには、凍結療法が適応されるケースがあります。条件としては、腫瘍の大きさが1センチ未満と小さく、悪性度が高くない場合のみ。凍結療法を行っている医療機関がごく限られているのもネックとなります。

しかしこの治療法は、何よりも体への負担が少ないのが魅力。治療は日帰りの手術のみです。長さ11センチほどのプロープという針のようなものを乳房の腫瘍に刺してガスを注入し、腫瘍をボール状に凍結させて破壊します。切除手術のように切開しないので、体への負担が少なく、乳房の形もほとんど変化しません。治療時間は1時間程度ですし、治療の跡も蚊に刺されたような点が残るだけ。痛みやひきつれなどの後遺症もありません。

なぜ凍結療法が癌細胞に効果的なのか

凍結療法は、腫瘍をピンポイントで急激に凍らせてから溶かすことで、癌細胞を破壊する治療法です。麻酔をして乳房の腫瘍へ直径2.7ミリ、長さ11センチほどの針を刺してアルゴンガスを送り込みます。すると、針の先の温度が-160℃くらいにまで下がり、腫瘍を中心として直径4センチほどのアイスボールができあがるそうです。

癌細胞の中の水分が急激に凍り、次にヘリウムガスを注入して温度を上げることでアイスボールが溶けると、癌細胞の膜が破裂して壊れていきます。この手順を2回繰り返すことで確実に腫瘍を破壊することができるそう。壊れた細胞は老廃物として徐々に排出され、半年くらいで硬さも気にならなくなるそうです。

凍結療法の治療費用について

凍結療法は、まだ実験的な治療として位置づけられているので、健康保険が適応されず、治療費用は今のところ全額自己負担で、35万円から40万円程度かかります。

まだ開発されて間もない方法なので、治療データもそれほど集まっていません。治療を行っている医療機関も限られていますし、適応されるケースもごく小さな腫瘍と限られています。そのような事情が納得できるなら、凍結療法を検討してみても良いかもしれませんね。

乳がんの凍結療法のデメリット

乳がんの治療法としてまだあまり知られていない方法ではありますが、これからは利用する人が多くなるであろう方法です。凍結療法をすることにはメリットばかりではなく、当然デメリットもあります。

1cm以上のがんには適用できない

凍結療法は、ごく小さながんにのみ適用となる治療法です。目安となるのは1cm未満ですね。それ以上大きくなっている場合は、違う方法でがんを小さくしてから凍結療法を受けなくてはいけません。また、悪性度が高いがんにも使えないため、小さくて悪性度が低いがんを対象としている治療法です。それ以外の乳がんには適用できない、という点はデメリットになります。

適用できるかどうかは自己判断ができません。実際に医師が確認して、適用できるかどうかを確かめてもらいましょう。また、診断を受けたときに適用できた乳がんであっても、その後変化しているかもしれません。そのあたりも考えて相談してみてください。

自費診療だからお金がかかる

まだこれからという治療法だとお伝えした通り、かかる費用はすべて自費で支払いをしなくてはいけません。保険が適用できる治療の中からしか選択が難しい人にとっては、受けたくても受けられない治療法となってしまいます。

実績がまだ少なく、治療に対して不安を感じる

凍結療法はまだ始まったばかりの治療法です。以前から何度も繰り返し行われている治療法であれば、安全性も確かめたうえで治療を受けることができます。でも、前例が少ないとなると不安ですよね。本当にうまくいくのかな…などと心配しながらの治療になってしまいます。不安要素もゼロではないため、治療に慎重になってしまうでしょう。

乳がんの凍結療法の先進医療とは?

デメリットとして、治療は自費診療になってしまうというお話をしました。それは、乳がんの凍結療法がまだ先進医療と呼ばれるジャンルだからです。一般的な治療法にはなっていない状態ですね。

先進医療としてのすごさは、がん治療なのに日帰りでできるということです。がんを治すとなると、入院を数か月したり、かなりつらい治療が待っていると思いますよね。もちろんそういった治療が主流ですし、つらい治療も覚悟しなくてはいけないがんも実際には多いです。しかし、凍結療法で治療できる乳がんは、悪性度も低いため、それほど身構える必要はありません。凍らせて死滅させるだけでいいので、当日治療してすぐに帰宅も可能。手軽過ぎてがんの治療とは思えないぐらいです。

超音波の画像から確認して針を入れ、針の先端を凍らせるだけ。手術の一つですが、大がかりなことは行いません。局所麻酔なので、意識もはっきりとしています。まさに革命的な先進医療といえますね。

乳がんの凍結療法を病院で受けるには?

乳がんの凍結療法を受けたいと思ったら、実施している病院に出向かなくてはいけません。最初に乳がんの凍結療法を始めたのは、千葉県鴨川市にある亀田総合病院です。始めたというだけあって、多くの症例もあるので、治療には向いているでしょう。実はそれ以外にも、最近は乳がんの凍結療法を受けることができる病院が増えてきており、近くの病院で可能かどうか探してみてください。

ただし、最近始まった治療法であることから、まだまだ治療が可能となっている病院は少ないです、しかし、これから凍結療法ができる医師が増加していけば、その分多くの病院で受けられる治療になるはずです。

ただし、凍結療法の費用に関してはどこでも基本的に保険が適用外となってしまいます。すべて負担しなくてはいけないので、数十万円は覚悟しておきましょう。費用の相談も治療の前にしておけるといいですね。

pagetop ▲