乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療を始める前に〜基本となる知識〜 » 早期発見が重要!乳がんの初期症状とは?

早期発見が重要!乳がんの初期症状とは?

女性であれば多くの方が気になる乳がん。気にはなっていたとしても、症状や痛みについて良く知らない方は多いのではないでしょうか?乳がんは早期発見が大切なポイントとなります。ここでは、乳がんの初期症状についてまとめてみました。

乳がんの初期症状とは?

乳がんは初期の自覚症状がなく、進行とともに症状があらわれるのが特徴です。ここでは、乳がんの初期症状をピックアップしています。ひとつでも当てはまる症状があれば、医療機関を受診して必要な検査を受けましょう。

しこり

乳がんの初期症状として第一に挙げられるのがしこりです。乳腺にできるしこりの90%は良性と言われているので、乳がんが原因のしこりと見極めることが大切となります。良性と乳がんのしこりの違いは以下の通りです。

・良性のしこり…比較的弾力性があって、コロコロと動く

・乳がん…石のようにかなり硬くなっている。周囲の組織に癒着するので、あまり動かない

乳頭の陥没

乳頭が極端にへこんだり、ひきつれたりするといった変化があらわれるケースがあります。

乳房・乳腺のひきつれ

手を挙げたときに乳腺や乳房にひきつれる感じを自覚したら、乳がんが潜んでいる可能性があるので注意が必要です。

乳房の大きさの変化

乳がんが乳房の皮膚の近くに発生すると皮膚が赤く腫れたり、えくぼのようなくぼみができたりします。そのため、乳房の左右サイズに変化が出ることがあるのです。

乳頭からの分泌

乳頭をつまんだ際に、左右のどちらかのひとつから血液が混じったような茶褐色の分泌物が出た場合は注意が必要です。

乳頭や乳輪部がただれる

湿疹・ただれといった症状が乳頭や乳輪部にあらわれた場合は、乳がんの可能性があります。

急な体重低下

特にダイエットをしているわけでもなく、急に5キロ以上体重が低下するようであれば乳がんの初期症状の可能性があります。

異常出血

乳がんになると、乳首から出血するケースがあります。

疲労感

睡眠をとっても疲労感が消えない場合は要注意です。

乳がんの初期症状による痛みはあるの?

乳房にチクチクとした痛みを感じると乳がんを疑ってしまう方も多いと思いますが、乳がんの初期症状には痛みがほとんどありません。しかし、骨やリンパ節に転移している場合は痛みを感じることも。乳がんの痛みの特徴は、片方の乳房のうち一部分だけに痛みがあらわれることです。乳房に痛みを感じるときは、以下の症状が考えられます。

乳腺症

女性ホルモンの分泌が乱れて起こる乳腺症。25~45歳の女子に多く見られ、乳房の痛みやしこりといった症状があらわれます。

乳腺炎

乳腺に細菌が感染することで引き起こされる症状です。乳腺が腫れたり、膿が溜まったりして痛みが出ます。

線維腺腫

20~30代に多く見られる、良性の腫瘍です。弾力性があり、指で押すと動きます。

葉状腫瘍

線維腺腫と似た症状ですが、しこりが20cmを超える大きさになることがあります。

乳がんのセルフチェック方法

乳がんは体の表面に近いところに発生するので、自分で触れたり観察したりすることによって発見することができます。セルフチェック方法は以下の通りです。

入浴前

  1. 鏡の前で両腕を下げた姿勢で、乳頭や乳房を観察します
  2. 両腕を高く上げて、正面・斜め・側面から乳房を観察します
  3. 乳頭を指で軽くつまんで、血のような分泌液がないかをチェックします

入浴中

  1. 皮膚の凹凸がわかるように、手に石鹸をつけて滑りやすくしておきます
  2. 腕を上げて乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶがないかを調べます

寝る前

  1. 仰向けに横たわった状態で腕を上げて、乳房の内側半分を指のはらで軽く圧迫しながら調べます
  2. 腕を下げて、乳房の外側半分を指の腹で軽く圧迫しながら調べます
  3. わきの下に手を入れて、しこりがないかを指の腹を使って調べます

普段からセルフチェックをしていれば、小さな変化があったときに気付きやすくなります。セルフチェックは毎月1回、乳房がやわらかくなる月経終了後7~10日のタイミングで行なうのがおすすめです。閉経後の方は、一定の日にちを決めてから行ないましょう。

pagetop ▲